本文へスキップ

自分を鍛えるために活動する AridaChuoHighSchoolClub

ソフトテニス部information

ソフトテニス部

ソフトテニス部の活動は、原則学校(3面)で行っています。雨天の時、近くの屋根付きコート(秋葉運動公園)で練習しています。男子については練習試合、大会などで年間約40日外に出て行き合同練習等を行います。女子についても総合体育大会前や新人戦前に練習試合にでかけます。初心者から始めた者が多く、やる気さえあれば誰でも始める事ができる部となっています。現在、団体戦では近畿大会。個人戦においてはインターハイ出場を目標に日々努力しています。また、ボランティア活動にも力を入れており、地域の活動にも参加しています。令和3年度8月現在男子3年4名、2年3名、女子2年2名。

主な年間予定

日時内容場所
5月末日 〜6月上旬和歌山県総合体育大会かわべテニス公園
8月中旬合宿校内など
8月末夏季大会県大会紀三井寺テニスコート
11月上旬新人大会日置川テニスコート
12月下旬県インドア大会橋本体育館

ソフトテニス部活動内容

過去の実績…同好会から始まり、9年目となります。・H25年度 総合体育大会団体で初の1勝をする事ができました。また、初心者から始めたペアが個人戦でベスト64に入り最終日に残る事ができました。 H27年度 初心者4名 経験者1名というメンバーでしたが、誰一人欠ける事なく、引退を迎えました。総合体育大会(個人戦)では、初心者から始めベスト32に入る事ができました。近畿大会をかけた試合では惜しくも敗れましたが、後輩達に勇気を与えてくれました。 H28年度 新人戦(団体)ではベスト8をかけてシード校にあと1点と迫るも、惜しくも敗れてしまいました。6名中、3名が初心者。残りの3名も中学時、団体戦に出場した事がないメンバーで良く頑張りました。 H29年度 新人戦中紀ランキング戦で、優勝。優勝したペアの一人は初心者から始めた選手で、コツコツと努力してきた事が報われた瞬間でもありました。初心者から始めて、中紀地区で優勝するのは他校をみても例がありません。 H30年度の新人戦(個人戦)では、シードを破り、ベスト32に入りました。 この大会で女子として初めて、団体戦で勝つ事ができました。

令和元年度総体では、団体戦で初戦を突破することができましたが、2回戦で優勝校に敗れました。個人戦では、2ペアが3日目に残りました。 ベスト64(2年ペア)ベスト32(3年ペア)の近畿大会をかけた試合で惜しくも敗れてしまいましたが、中学時、団体戦メンバーにも入ったことがない選手が2年かけて、技術、精神的にもよく成長してくれました。 夏季大会(県大会)では、本校として始めて個人でベスト16に入り、県のシードを手に入れることができました。新人戦(県大会)において、団体戦では初戦を突破することができましたが、2回戦で優勝校に敗れました。個人戦では、有田中央として初めて、ベスト16に入る事ができました。選手だけではなく、応援も含めて勝ち取ったベスト16でした。ベスト16に入った事により、令和2年1月に開催された近畿高等学校ソフトテニス選抜インドア大会にも出場する事ができました。結果は、初戦で、兵庫県の5位に2−4で負けてしまいましたが、応援含め、次につながる良い経験となりました。


令和3年度ソフトテニス部活動内容

令和2年度 コロナのため県総体はありませんでしたが、総体に代わる大会がありました。
      結果:宮城・谷口ペア ベスト16
         片山・児島ペア ベスト32
         深海・垂水ペア ベスト64
      新人戦では、団体で初戦負け、個人戦も2回戦までの進出でしたが、皆あきらめる事なく、
      最後まで頑張っていました。

令和3年度 県総体では、団体戦は初戦負けでしたが、2ペアが最終日に残りました。
      そのうち1ペアがノーシードから勝ち上がり、ベスト16に入り、近畿大会への出場権を獲得しました。
      有田中央はもちろんですが、他校の選手も応援してくれ、みんなで勝ちとった近畿大会でした。
      近畿大会では、怪我等もあり、初戦で負けましたが、2人とも最後まで良く頑張っていました。
      結果:片田・児島 ベスト16
         大西・垂水 ベスト64
         宮本・丸山 初戦突破


ソフトテニス部活動内容